Evernote、価格改定や端末制限に関するFAQページを公開。

スポンサーリンク

 Evernoteが価格改定や端末制限に関するFAQページを公開しています。詳細は以下から。

Evernote-logo-icon

 Evernoteは本日、有料プランの価格改定とベーシックプランで利用可能な端末の制限を発表しましたが、「何を端末とみなすのか?」や「アカウントに関連付けられた端末の台数をチェックする方法」などをまとめたサポートページを公開しています。

 サポートページによると端末制限は以下のEvernote製品に適用され、その他のEvernote APIを使用しているサードパーティ製アプリなどは端末制限に影響せず、端末の管理はEvernoteアカウントの「端末」ページから確認可能で、

  • Evernote for Windows
  • Evernote for Mac
  • Evernote for iPhone・iPad・iPod touch
  • Evernote for Android
  • Evernote for BlackBerry
  • Evernote for Windows Phone
  • Android Chromebook 上の Evernote
  • Mac または Windows デスクトップ仮想マシン上の Evernote

メーリングリストによるとベーシックプランの仕様変更には30日の移行期間を設けるそうなので、ユーザーの方はEvernoteのヘルプページを確認してみてください。

Subject:Evernote ベーシックの仕様変更について

Evernote は、ユーザの生産性を最大限高めるためのお手伝いをすることだけではなく、弊社のビジネスを可能な限り透明に運営していくことをお約束します。本日は、無料版の Evernote ベーシックに関する、重要な仕様変更についてご連絡差し上げました。

今後、Evernote ベーシックで利用可能な端末の数を 2 台までに変更させていただくことになりました。例えばパソコン 1 台とスマートフォン 1 台、パソコン 2 台、あるいはスマートフォン 1 台とタブレット 1 台といった具合です。お客様は現在、2 台よりも多い端末で Evernote をお使いいただいております。この仕様変更には 30 日の移行期間を設けさせていただきますので、お手数をおかけいたしますが、ご利用端末数の調整をお願いいたします。なお、Evernote プラスまたは Evernote プレミアムの場合、引き続き端末数の上限なくご利用いただくことができますのでご検討ください。

メーリングリストより

コメント

  1. 匿名 より:

    改悪とは言わないが値段がが高くなって、サービス低下と受け取られてしまう典型的な例となりそう。少なくとも値上げの理由がサービスの向上とも思えない。
    無料ユーザーは同期2台までと割り切りは利便性を損なう。狙いはプラスかプレミアムへの移行だろうけど、今やたくさんあるサービスへ乗り換えを促す結果に、現行のユーザーは、単に値上げだから下位プランへ移行することになる。いいこと無いだろう。

  2. 匿名 より:

    これまずいよなあ。
    どこかに買収されて何もせずにい終了に1000点!
    それまで持ちこたえず消滅に5000点!さらに倍!

  3. 匿名 より:

    とりあえずメイン機はアプリで、他はブラウザから使うって形で。お金払えばいいんだろうけど、そこまでの価値を見いだせないんだよねぇ。

  4. 匿名 より:

    アカウント情報を見たら過去に使用してきたデバイスがずらずらと並んでいて面白かった。何ヶ月間かアクセスがないデバイスは自動消去とかそういう仕組みじゃないんだな。