Apple、iTunes 12.4でiTunesライブラリからユーザーの許可無く曲が消えてしまう不具合を修正。

スポンサーリンク

 AppleはiTunes 12.4でごく一部のユーザーのiTunesライブラリから、ユーザーの許可無く曲が消えてしまう不具合を修正したそうです。詳細は以下から。

iTunes-Hero-logo-icon

 iTunes v12.3.xにアップデートしたごく一部のユーザーが、ユーザーの許可無くiTunesライブラリに保存してあった曲が消えてしまう不具合を報告し、Appleはこの不具合を修正&保護策(safeguard)を追加すると発表しましたが、TechCrunchによるとAppleは昨日リリースしたiTunes v12.4でこの不具合に対処しているそうです。

About-iTunes-v12-4

The iTunes update that aims to correct this problem is version 12.4, released just yesterday, TechCrunch has confirmed with sources familiar with the matter.

New version of iTunes addresses the music deletion issue | TechCrunch

Safeguardは不明?

 TechCrunchは詳しい情報筋から不具合修正の報告を得たそうですが、TechCrunch行ったテストでは[Delete Song]や[Remove Download]ボックスの動作は昔のままで、Appleが明言していた”safeguards”については現在のところ確認できていないそうです。

However, in testing, we found that the “Delete Song” box is still the default in the new version of iTunes, and the “Remove Download” button still sends files to your Trash. So it’s unclear what these “safeguards” entail.

New version of iTunes addresses the music deletion issue | TechCrunch

 *また、Appleはこの不具合に遭われたJames Pinkstoneさんの家に2人の殺し屋エンジニアを送り、情報収集を行ったそうです。

コメント

  1. 匿名 より:

    んで、消えた曲の対応は??

  2. 匿名 より:

    修正してたんだ

  3. 匿名 より:

    殺し屋ワロタ

    • 匿名 より:

      iTunesを批判する記事書いて、その後「Appleです!」て人が家に来たら殺し屋だと思うわなw

  4. 匿名 より:

    Jamesのブログ名が
    「Apple Sent Two Men to My House. No, They Weren’t Assassins.」
    殺し屋じゃないよ。
    なるほど(笑)